Phoenix WinNonlin

ノンコンパートメント解析 (NCA)

  • 本製品では、以下のような様々なデータタイプがサポートされています。

    • 血漿、尿、薬効
    • 単回投与もしくは定常状態データ
    • 血管外投与、定速静脈注射、急速静脈注射、もしくはユーザーの選択した投与
    • リッチデータもしくはスパースサンプリングデータ
  • AUCの算出に用いる台形法は、以下のアルゴリズムから選択できます。

    • Linear Trapezoidal法、Linear/Logarithmic Trapezoidal法、Linear Up Log Down法。
  • PKデータおよびPDデータの解析

    • 部分曲線下面積(partial area)が容易に算出できます。全被験者の計画時間を用いてpartial areaを算出する際に、各被験者の実時間を用いることができます。
    • グラフィカルな設定もしくはワークシートの設定によって、データポイントを回帰分析から除外することができます。
    • プロファイルごとに治療域を指定することができます。
    • 初期設定ではλz(終末相の傾き)自動選択アルゴリズムが選択されていますが、グラフィカルオプションもしくはワークシートグリッドオプションを用いることにより、λzの算出に用いるポイントをプロファイルごとに指定することができます。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。