Phoenix WinNonlin

規制順守の実現

  • 各ワークフローオブジェクトの「Verification」タブには、そのオブジェクトの正常な実行の成否や、検出されたエラーが記載されます。
  • 各ワークフローオブジェクトの「Settings」出力には、選択されたオプションが記載されます。
  • 各ワークフローオブジェクトの「History」出力には、そのオブジェクトの実行履歴および実行ユーザー名が記載されます。
  • Phoenix® WinNonlin®は、文書化されたソフトウェア開発ライフサイクル(software development lifecycle; SDLC)に従って開発されました。
  • 別売のPhoenix® WinNonlin® Validation Suite™を利用することにより、通常であれば数カ月かかるバリデーションを数週間で完了することができます。
  • 本製品をPKS™のデータ保存機能に完全に統合させることにより、完全なバージョン管理および監査証跡が実施できるため、21 CFR Part 11の順守がサポートされます。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。