D360

創薬におけるD360

データアクセス、解析および連携

D360は、マルチサイトの製薬企業から小規模なバイオテクノロジー企業までに及ぶ幅広い組織において、数千人の化学者、生物学者、技術者およびマネジャーによる日々の研究業務に用いられてきました。D360は以下の目的で使用されます。

  • リードの創薬からリードの最適化までのプロジェクトにおける、標準的プロジェクトデータビューを生成するため。
  • 探索的なデータ検索およびデータ解析を実行するため。
  • 個々の分析試料のパフォーマンスおよび挙動に関する詳細なビューを得るため。
  • より高レベルなプロジェクトの概観を提供するため。
プロジェクトデータへの着手

創薬で特に顕著な情報ニーズは、プロジェクトデータの定期的閲覧です。D360では、ユーザーは、以下のような重要情報が含まれているプロジェクトデータビューを、ほんの数分でセットアップできます。

  • 化学的特性についてのデータ
  • 複数の分析試料から得られた結果
  • 既存物質リストといった、その他の関連データ

複数のデータが視覚化され、解析が自動化されることにより、データを即座に把握できるようになります。

化学系統情報、化合物の進展情報およびコメントが追加されることにより、常に更新される生きたプロジェクトデータビューが得られ、それによって研究上の重要な意思決定を実行および把握できます。プロジェクトデータビューは、研究者が1つのプロジェクトにつき1回作成するだけで良く、ほんの数秒でチームに配備でき、1クリックで得られるようになります。

幅広い研究ワークフローに対するサポート

D360は、(親化合物の化学構造、塩形態、バッチ、プロジェクト、個々の結果およびその他多数のレベルから、)研究データに対する多様な視点を提供します。親化合物の化学構造レベルのデータセットが構造活性相関に適用されることが一般的である一方で、塩形態レベルのデータセットはin vivoデータの試験に極めて重要です。データに対して様々な視点が提供されることのより、以下のような広範な研究ユーザーに渡って、幅広いワークフローがサポートされます。

  • 探索的なデータ検索およびデータ解析: 複数のプロジェクトから得られた化学構造データおよび生物学データ全体に渡って検索を行うことによって仮説を検証し、また、構造活性相関(structure activity relationships; SARs)を構築することで生体分子特性に対する見識を提供して、研究の方向性を決定します。
  • 分析試料のパフォーマンスおよび挙動に関する詳細の理解: 個々の分析結果の経時変化、バッチ間での結果の変動、もしくは分析スループットに影響する因子について調査することにより、データの質および処理の効率に対する理解を向上させます。
  • 複数プロジェクトの測定: D360は、マネジャーおよびプロジェクトリーダーに対し、高次元でのプロジェクト概観をD360ダッシュボードから直接提供し、意思決定を行うためのデータ主導型の合理的な基盤を提供します。
D360におけるデータの視覚化および解析

スプレッドシートおよびデータのフォームビュー

化学的/生物学的な詳細情報の含まれているD360のスプレッドシートは、機能の幅広さという観点で、Excelのユーザーにとって馴染み深いでしょう。これに加え、D360には、データの要約、ソート、フィルタリングおよびグラフ化の作業で不確定な数値データ(バイオアッセイの結果にしばしば見られます)を扱えるという利点もあります。集約されたデータ値を掘り下げることにより、個別に判定された結果や、投与-反応曲線といった関連情報が示されます。D360のデータ表現は全て連結されているため、1つのデータ表現での選択がその他のデータビューでも選択され、自動的に誘導されます。

フォームデータビューワーは、特定の作業を行う研究者に好まれる場合が多く、表およびサブフォームを用いることにより、複数のレベルのデータセットが組み込まれた情報量の多いデータ表現を行えます。フォームの新規構築は、PowerPointのスライド作成作業に似ており、いずれのユーザーでも容易に実施できます。フォームは、その他全てのD360データビューワーと同様に、その他全てのデータセットビューワーと相互作用します。

データの視覚化:グラフおよび図

D360は、散布図、ヒストグラム、グリッドビューおよび相関を理解するためのデータ相関行列といった、充実したラインナップの標準データ視覚化機能を提供します。関数方程式を用いて測定結果を結合することで選択性もしくは生物学的特徴のスコアを判定する機能や、データ割り付けによって、複数のパラメーターを最適化できます。

特殊な化学構造機能

低分子薬物の創薬については、構造活性相関の判定に対して重点的に力が注がれています。D360では、構造の検索、フィルタリング、化学系統の判定および特性計算が行えるだけでなく、マルチパラメーターSARsの構築および理解の手助けとなる、特殊な化学構造に関する多数のツールが提供されます。構造類似性マップによって視覚的構造クラスタが得られ、そこでは、活性/選択性の集合体および境界が一目瞭然です。R群解析および視覚化によって、興味のある置き換えだけでなく、まだ作成されてはいないものの生物学的特徴を改善する可能性のある潜在的なR群の組み合わせも、検出されます。

D360の統合

単一のアプリケーションでは、ユーザーの要望に完全に応えることはできません。D360は、以下のような様々な追加アプリケーションと統合されており、追加設定を行わなくてもそれらのアプリケーションと連動します。

  • 化学スケッチ作成ツール: Accelrys Draw™、ISIS Draw™、ChemDraw™
  • 生産性向上ツール: PowerPoint®、Excel®、Word®、Email clients等
  • 科学ツール: Spotfire®(D360に緊密に統合された拡張機能として)、JMP®、SAS for Excel、SIMCA-P™
  • 科学データカートリッジ: Accelrys Direct(旧名称はSYMYX Direct)、Accord、ChemExtra、JChem Cartridge等
  • 生物学データ: 標準のD360構成パックは、ActivityBaseに使用できます。

D360は、D360の構成システムを通じて、専用のシステムにシンプルかつ迅速に統合できます。

  • 社内の専用解析機: D360では、(ウェーブサービス、KNIME™ワークフロー、Pipeline Pilotといった)社内解析サービスに統合するための、シンプルな構成プラグインが提供されます。
  • 社内の応用例: Compound Orderingシステム、Biological/Analytical Test発注システム

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。