D360

臨床科学およびトランスレーショナルサイエンスにおけるD360

データアクセス、解析および連携

D360は、研究者の関心の対象となる構成要素およびそれらの構成要素間の論理的関連性の観点から、データを記述します。科学に対するトランスレーショナルアプローチは、学際的アプローチを中心として展開され、本質的には、情報活用の改善に基づいて行われます。

D360は、データソースへ接続できるだけではなく、クエリー可能なデータネットワークを創薬から医薬品開発段階までの全体に渡って提供できます。つまり、従来であれば不連続であった複数の分野およびソースから得られた知識を統合にすることにより、漸進的にせよ革新的にせよ、トランスレーショナルサイエンスへの取り組みを支援できます。

「Big Picture」の視点

近年、製薬組織は、治療ラインに沿って研究開発グループを再編成してきました。この変化によって、医薬品開発の臨床段階、前臨床段階および創薬段階から得られる統合的なデータに対するアクセスおよび解析が、より重要視されるようになりました。これは、異なるシステムおよび形式でデータが保管されている場合には、非常に複雑な作業になります。これらの部門間でのデータの論理的関連性について理解するためには、ITおよび科学の両方の専門知識が必要であり、単一の質問を照会するだけでも非常に多くの作業を要します。

D360は、クエリー可能なネットワークを用いることにより、こうした不連続なソースから得られたデータを科学的意義の高い方法で集約させます。その際、科学者は、作業中のシステムの全体像をより詳細に把握できます。実際、D360によってデータが緊密に連結され、データ探索用のユーザーインターフェイスが提供されることにより、科学者は、D360がなければ不明瞭なままであったであろう関連性を持つデータを、容易に探索できます。D360では、創薬から前臨床および臨床開発までの全体に渡ってデータが接続され、それらのデータを適切な観点から閲覧できるため、以下のように、トランスレーショナルサイエンスの作業をより迅速に実践および証明できます。

  • より多くの前臨床データを考慮することにより、臨床試験のデザインを改善できます。
  • バイオマーカーおよび疾病の状態を、より容易に発見および検証できます。
  • 薬物の失敗をよりよく理解できるため、研究過程全体を促進できます。
  • 複数のプロジェクトの中から、成功率が最高であるプロジェクトをより優先的に進行できます。

D360は、従来の創薬および医薬品開発過程の様々な分野および相から得られたデータおよび情報を連結させることにより、科学に対するトランスレーショナルアプローチのためのデータ探索および情報科学支援を提供します。

トランスレーショナルサイエンスの支援

トランスレーショナルサイエンスのワークフローでは、しばしば、複数の観点から問題を解決することが試みられます。例えば、ある薬物が臨床試験で毒性を示した場合には、以下のリストの質問が行われる可能性があります。

  • 臨床的観点から: この毒性は、暴露量の増加に関係していますか?
  • 前臨床の観点から: この毒性を予測できた可能性のあるバイオマーカーは存在しますか?
  • 創薬の観点から: 同様の毒性を示し、かつ、構造の似ている化合物は、存在しますか?

D360では、科学者は、必須データに対するアクセスおよび解析によって、こうしたタイプの質問について照会した後、それらの質問をグループ内で共有することができます。D360は、単純明快なインターフェースを用いて、トランスレーショナルサイエンスを支援するための適切なツールを提供することにより、科学者およびマネジャーの業務を強力に支援します。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。