Pharsight Consulting Service

不適切な試験デザイン、特に不適切な投与量選択、不適切な設定の試験powerおよび不整合な被験者選択/除外基準のために、数多くの化合物が試験を打ち切られています。

Pharsight®は、治験およびプログラムのデザインを最適化するために、コンピュータを使った試験デザイン(CATD)を開発しました。CATDでは、以下のものが製薬企業および生物工学企業に提供されます。

  • 使用可能な知識が全て組み込まれたモデル
  • 得られる可能性のある試験結果の範囲をモデルシミュレーションにより予測するソフトウェアツール

CATDを適用し、費用および時間のかかる試験に着手する前にコンピュータ化された仮想の治験を実施することにより、試験が失敗する危険性の特性を解明して危険性を最小化することができます。

臨床開発の科学者および研究者は、複数の「what if」シナリオを迅速に検証し、被験者選択/除外基準を含め様々な仮説および試験デザインの効果を検討し、用量反応関係における不確実性を試験結果に拡張することができます。シミュレーションは、関連する用量反応情報の発生に従って更新されます。試験およびプログラムの決定は定量的基礎に基づいて行うことができ、各試験から確定的結果が得られて臨床プログラムが成功へと導かれる可能性が、増加します。

Pharsightは、自社の科学ツールであるPharsight Trial Simulator™を用いて、臨床プロジェクトチームでの意思決定の評価および情報に基づく迅速な意思決定を実現することにより、製薬企業が様々な臨床プログラムで成功確率を向上させる手助けとなります。また、Pharsightには、モデリング、シミュレーション、ベイズ法および決定解析を用いた適応的試験デザイン戦略に関する専門知識があります。

CATDを用いる利点は、より早期に上市できること、試験に失敗する頻度が減らせること、臨床試験の参加者をより効果的に活用できることです。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。